スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出のマーニー

作画はあいかわらず流石ジブリだし声もまあ許容範囲、お話的にもあの原作をそれなりにきれいにまとめてとけして悪くはない悪くないんだが、とはいえわりと最近(つってももう一年以上前だが)あの原作を読んだオレ的にはイギリスからの舞台の置き換えは無理があったしあの家に新しく越してきた一家がすごくいい人達でそれがまたヒロインの成長に大きく寄与するのをほぼすっ飛ばしたあたりは尺が足りないとはいえ勿体無いよなあと思ってしまうのだった。

つってもアリエッティに比べれば断然良いんだけどさ。


思い出のマーニー [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-03-18)
売り上げランキング: 139


スポンサーサイト
テーマ: スタジオジブリ | ジャンル: 映画

風立ちぬ

声がアレ、なんやあの謎効果音、夢想多すぎ、話飛びすぎ、タバコ吸い過ぎ、飛行機作りたいのかラブストーリやりたいのかどっちやねんやと突っ込みつつもトータルとしてはかなり好きかも、なんというか全然救いはないんだがだがしかしそれがいい的な。

実際思わず録画したのを複数回見ちゃったぐらいは好きで二回目以降は上で突っ込んだところがほとんど気にならなかったんだがただ声でのSEだけはやっぱイヤだったです。


風立ちぬ [Blu-ray]
風立ちぬ [Blu-ray]
posted with amazlet at 15.04.03
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2014-06-18)
売り上げランキング: 880


テーマ: アニメ | ジャンル: 映画

時をかける少女

細田守が『時をかける少女』を撮るとこうなるわけだ……いやもう素晴らしいというしか。
日本の誇るアニメーションの中でまた傑作が一つ生まれたと言っていいんじゃないだろうか。

キャラクターデザインは貞本義行。最初はジブリを思い起こすような緻密な背景に較べて少し浮いてるかに思えたけど、見てるうちに気にならなくなる。

何と言ってもとにかくよく動く。ヒロインが走る、飛ぶ、笑う、泣く。前半のコミカルなシーンは本当に笑えて、後半のタイムサスペンスには手を握らされ、終盤では切なさに思わず泣きたくなる。真琴と千昭と功介、三人で過ごした季節を回想するシーンが胸を締め付ける。

大林映画へのオマージュとして配置されたであろう芳山和子がまた絶妙に効いているんだ、これが。

ラスト、ヒロインは未来を信じて、前に向かって歩き出す。青春映画としてはほぼ完璧に近い出来で、こりゃ評判いいわけだよ、大満足!


時をかける少女 限定版
角川エンタテインメント (2007/04/20)
売り上げランキング: 1
おすすめ度の平均: 5.0
5 06年最高のアニメ
5 一級のSFであり、せつない青春映画でもある
5 レベル高いなあ



時をかける少女 通常版
角川エンタテインメント (2007/04/20)
売り上げランキング: 30



二回目の感想はこちらから


関連リンク
時をかける少女公式サイト
テーマ: 時をかける少女 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。