サイドウェイ

ロードムービーは好きだから期待したんだが……。

バツイチで元妻に未練たらたらな風采の足りない小説家志望のワインマニアな主人公と、結婚を控えて独身最後の女遊びがしたい友人がワイン巡りの旅に出るという話。

いちおう主人公とヒロインの恋は実りそうなんだけど、そこまでの過程があまりにもリアルで身につまされすぎる。
後、この友人が実に酷い。報復は受けたけどどうも納得がいかない物が残るのだけど。

アカデミー最優秀脚色賞受賞作らしいけど何だかなあ。



サイドウェイ (特別編) (ベストヒット・セレクション)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007/11/21)



スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

世界の中心で、愛をさけぶ

長澤まさみに尽きる映画。
あんまり期待してなかったのだけど、実際、青春&難病物としては悪くない。特に、婚姻届からカーテン越しのキスという一連の流れは素直に良いと思う。一番の泣かせどころらしいその後の空港のシーンはそんなでもないんだけど。

ただ、現在のパートに難がありすぎる。原作読んでないからわからないけど、これは原作と同じなんだろうか。

後、長澤まさみ以外のキャストもいまいち、特に柴咲コウはダメダメだ。

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション
東宝 (2004/12/23)
売り上げランキング: 2,399
おすすめ度の平均: 3.45
4 爽やかに楽しめました
5 世界中最高★
2 ドラマからセカチューの世界に入ってみると


テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

チャーリーと14人のキッズ

エディ・マーフィー主演のほのぼのコメディ。
定番だけど、だからこそ安心してみられる佳作。トレッキーのオタク兄ちゃんが良い味を出してる。

ただ、こういう話だったら、ラストは園長も改心してハッピーエンドでも良かった気がする。

しかし、エディ・マーフィーも一時の勢いを考えると、どうにも痛々しく、ある意味それが映画に生きてる気がしないでもない(笑)。

チャーリーと14人のキッズ コレクターズ・エディション
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2006/02/01)


ギター弾きの恋

ウディ・アレン監督作品。

別名「ろくでなしの恋」みたいな。ようするに、男ってほんとバカだねえって映画。

主人公は天才的なギタリスト、でもわがままで傲慢で見栄っ張りで浪費家、趣味は汽車見物と鼠撃ち、一言でいえばろくでなし。だからこのラストは因果応報というか必然とはいえるのだけど、ラストは切なすぎます。
ヒロインを演じるハッティ役のサマンサ・モートンがたまらなくキュートなので余計に心に沁みる。

失って初めてわかる手放したものの大切さというモチーフに新鮮味はないのだけど、脚本、演出、演技、そして全編を彩るジャズすべてが秀逸。

初めての喪失の痛みがエメットのギターをジャンゴの高みまで押し上げる。そしてその音源を残し彼は姿を消す。
この映画は後からボディブローのように効くなあ。


ギター弾きの恋
ギター弾きの恋
posted with amazlet on 06.03.20
メディアファクトリー (2001/10/26)
売り上げランキング: 10,039
おすすめ度の平均: 4.43
4 ショーン・ペン!!
3 素敵な音楽が楽しめました。
5 口パクならぬ指パクでがんばっている。


テーマ: 今日のレンタルDVD/ビデオ | ジャンル: 映画

ハウルの動く城

作画、動画はさすがジブリと言う出来。
でも、ストーリーが意味不明でカタルシスがないのは映画としてどうなんだろう。

原作は数年前に読了済み。とはいえ、すでに記憶にない(笑)ので比較はできないのだけど、こんな話じゃなかった気がする。

さて、声優の問題だが、木村拓哉は問題ない。しかし、ソフィー役が……。基本的におばあさんのシーンがメインで、おばあさんになったり、元の姿に戻ったりのシーンの連続性とかを考えたのだろうが、少女での声が酷すぎるよなあ。

ハウルの動く城
ハウルの動く城
posted with amazlet on 06.03.16
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2005/11/16)
売り上げランキング: 3
おすすめ度の平均: 3.62
5 流れ星にあたった
4 宮崎メイドの恋愛映画
3 話の展開が・・・急すぎ


テーマ: ジブリ | ジャンル: 映画

くたばれ!ハリウッド

『ローズマリーの赤ちゃん』、『ある愛の詩』などの作品を送り出した敏腕プロデューサー、ロバート・エヴァンスの原作を映画化した作品。

ちなみにナレーションも本人が担当。というわけで、ほぼエヴァンスの世界観で語られるので、これが正しいかどうかはともかく彼に感情移入しながら見ることになる。

栄光と没落、そして復活。もう少し映画に詳しいともっと楽しめるんだろうが、いやあ、これは面白かった。

ちなみに『10日間で男を上手にフル方法』も、エヴァンズのプロデュースだったりする。
映画の原作本が読みたくなったな。

くたばれ!ハリウッド
くたばれ!ハリウッド
posted with amazlet on 06.03.13
アミューズソフトエンタテインメント (2004/03/26)
売り上げランキング: 16,844
おすすめ度の平均: 4.2
3 原題は「日はまた昇る」撮影時にダリル・ザナックが叫んだ台詞から
5 ハードボイルドとはこういう事を言うのさ
4 伝説を体現する男


テーマ: 洋画 | ジャンル: 映画

10日間で男を上手にフル方法

あー、何か久々にロマンチックコメディーを見たなあという気がする佳作。

正直、前半のアンディの行動には理由がわかってても苛々する(バスケの試合が最高潮の時に飲み物を要求したり、映画館で騒いだり、男のあれに名前を付けたりして挑発したり)が、ベンの実家に行ったあたりから巻き返してくる。
パーティー会場での大喧嘩は笑えるし、ブルシット(要するにダウトだよね)が効果的なラストも気が利いていていい。
後、音楽も良かった。

ちなみに公式サイトのムービークリップのところでKeith UrbanのSomebody Like Youが聴けます。

10日間で男を上手にフル方法
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2005/08/19)
売り上げランキング: 911
おすすめ度の平均: 4.43
4 新感覚。
5 以前ブリトニー スピアーズも絶賛してた。
4 ケイト・ハドソンの代表作!


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-

というわけで、早速見てきました。

なるほど。最初はダイジェストみたいな展開でまたかよって思ったけど、エピソードやキャラクターをざっくり削って圧縮させた分、終盤をじっくり描写できたわけだ。

演出が濃いというかちょっとオーバーアクト気味な気も。エマとヘンケンがラブラブしすぎ。カツはあいかわらずだけど、クワトロが全体的に格好良すぎ。ゼータでのシャアの情けなさを象徴するあの「サボテンの花が……」という個人的名シーン(笑)がない。新作画のキャラデザはやはり違和感が……とまあいろいろ文句は書いたけど、面白かったことは間違いない。

何と言っても新作画でのMS戦闘シーンは素晴らしいの一言。

Z、キュベレイ、ジオ、百式が躍動する様、特にコロニーレーザー内の戦いは圧巻。キュベレイかっこいいよキュベレイ。

いろんな人が出てくるエピローグもなかなか。セイラさんのライブラリー出演が泣かせる。でも、ハヤトの出番はないのね(笑)。
エンディングの『Dybbuk』はちょっと頂けない。

とまあいろいろ書いたけど満足しました。もう一度見に行ってもいいかも。

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-
バンダイビジュアル (2006/08/25)




以下ネタバレ
テーマ: 今日観た映画 | ジャンル: 映画

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

『機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-』公開ということで今更だけど一作目の感想を。
ちなみにテレビシリーズは全部見てます。

内容は、完全に一見さんお断り。かなり大胆に編集してるような。
新しく作画されたシーンは、キャラデザに違和感はあるものの戦闘シーンは素晴らしい。特に終盤のMS戦闘シーンとラストのアムロ脱出あたりがやはり良い。

ただ、やはり新作画と旧作画の差が気になるというか絵が連続してないってのがどうも見ていて引っかかる。
後、声優の違いもやはり微妙に気になった。一番違和感を覚えたのはあんまり出てこないけどファ、次はシロッコ(あれ、シロッコは変わってないのか、失礼)かな。

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
バンダイビジュアル (2005/10/28)
売り上げランキング: 12


劇場で見て、その後DVDでも見たがやはり大画面は良い。二作目はなんとなくスルーしてしまったが、『機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-』は見に行くつもり。
テーマ: 映画 | ジャンル: 映画

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

身体を張った体型ネタや行動が痛々しすぎて見てられない。もちろん、ギャグも笑えない。きっついなあ。

でもまあ、タイ行きぐらいからそこそこ見られるように。
逮捕の原因を作ってその場から逃げ出した友人をあっさり許すブリジットって凄いな。力業のハッピーエンドだ。

とにもかくにもヒュー・グラントの最低男振りが素晴らしい映画だった(笑)。


ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005/12/23)
おすすめ度の平均: 4.67
5 飾らない素直なヒロイン健在!
5 ブリジット、サイコ~!
4 価格にドキリ


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画