CUBE

極限状況での脱出劇としては良くできていると思う。悪意に充ち満ちた演出と救いもへったくれもないラストが印象的。

監督の意図はなんとなくわからないでもないんだけど、やっぱり趣味じゃないなあ。

CUBEの存在が謎のままってのは、悪くない趣向だと思うけどさ。



CUBE ファイナル・エディション
ポニーキャニオン (2003/12/03)
売り上げランキング: 5,294
おすすめ度の平均: 4.21
4 あり得なくない世界
3 面白い! でも期待はずれ?
5 No Exit


スポンサーサイト
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

WATARIDORI

基本的にいろいろな渡り鳥の旅を撮った、ただそれだけのドキュメンタリー映画なんだけど、どうやって撮ったんだ(半分は野生じゃなかった模様)ってのが目白押し。とにかく映像が圧倒的に素晴らしい。

鏡面のような湖の上を滑るように飛んでいく姿は息をのむような美しさにあふれている。もちろん美しいだけではなく、自然の雄大さ、厳しさ、それに立ち向かう渡り鳥たちの力強さが映像から伝わってくる。まあ、多少演出が気になるが、目くじら立てるほどの物でもないと思う。

そうそう、蟹って怖いな(笑)。

WATARIDORI スタンダード・エディション
ジェネオン エンタテインメント (2005/12/16)


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

時をかける少女 アゲイン

というわけで、お盆休み最終日の昨日、二回目見てきました(一回目の感想はこちらから)。

ストーリー展開がわかってるだけに前回よりは冷静に見られたんだけど、奥華子の「変わらないもの」が流れるシーンで泣く。良い映画は何回見ても良いということを再確認できたので満足しました。

この映画は今年の夏にこそ行くべき映画だと思うので、まだ見てない人はDVDを待たずに劇場で見て欲しいなと思う。少なくとも僕にとって今年の夏は『時をかける少女』を見た夏として記憶されるだろう。そして、それはとてもとてもかけがえのない記憶になると思う。

時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック
サントラ 吉田潔
ポニーキャニオン (2006/07/12)


以下、雑記

・約30分前についたら入り口に行列、もちろんもう一つの映画の客もいたんだけど。整理券は77番。これ以降も続々と客が来たけど、満席(200席)とまでさすがにいかなかった。

・前の座席に誰もいないかと思ったらそれが罠だったり。頭がひじょうに邪魔。結局、我慢できなくて前から三番目ぐらいに移動。ちょっと見にくいけど、ストレスない分こっちのほうがまし。古いミニシアターは段差が付いてないのが問題だと思う。

・真琴はほんとバカだよなあ、でもそこがいい(笑)。

・魔女おばさん(芳山和子)、ケン・ソゴル、吾郎と三人で写ってる昔の写真の隣に飾ってあるラベンダー。これも切ないよなあ。

ガーネット


テーマ: 時をかける少女 | ジャンル: 映画

ローカルボーイズ

夏と言うことでなんとなく夏らしい映画を見たくなり、聞いたことがない映画だけど、サーフィン映画と言うことで借りてみました。

てっきり青春物だと思っていたら、家族のお話がメインだったのは意外というか当てが外れたというか。

まあ、わりとありがちなストーリーとはいえ、それなりにまとまってて悪くはないと思う。期待していたサーフィンシーンはきれいだしね。

ただ、顔が確認できないってのはやはりスタントなんだろうなあ。

ローカルボーイズ
ローカルボーイズ
posted with amazlet on 06.08.13
ビデオメーカー (2003/10/24)
売り上げランキング: 24,039
おすすめ度の平均: 4.6
5 すべてがお手本です!
4 ローカルボーイズ
5 おもしろかった

テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

恋の門

羽生生純の同名漫画の映画化。原作は未読。

少しマンガ的すぎる演出が気になるけど、とにかくパワフルでインパクト抜群。ピンポイントで爆笑できるシーン(石が好きな君が好きーとか)もあって、なかなか楽しめるラブコメだった。

ヒロイン、酒井若菜(タイプではないがやはり巨乳はインパクトあり)の壊れっぷりも印象的。

後、ゲスト出演者や劇中アニメが無駄に豪華。
原作者や漫画家、そして大竹しのぶまでもがコスプレやってたり、劇中アニメは演出が庵野秀明で、制作ガイナックスだったりする。
音楽も忌野清志郎に、サンボマスターだしなあ。


恋の門 スペシャル・エディション (通常版)
角川エンタテインメント (2005/04/08)
売り上げランキング: 40,449
おすすめ度の平均: 3.33
2 疲れた
3 中途半端にメジャー。
5 君は君の作品を描け、ぼくはぼくの作品を描く


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

ロスト・イン・トランスレーション

ソフィア・コッポラ監督作品。

東京を舞台にした異邦人二人のプラトニック不倫のお話というか。あくまでもプラトニックってのがミソなんだろうな。

まあ、つまらないとは言わないけど、特に面白いというほどでは。特に日本を馬鹿にしてるとは思わないんだけど、なぜマシューという疑問は残る。

とはいえ、ビル・マーレイの演技と、音楽はなかなか。特にラストに流れるはっぴぃえんどの歌がいい。

ちなみに泊まってるホテルはパークハイアットなんだけど、豪華なホテルだなあ。高層階で眺めはいいし、プールもあるし、バーも洒落てる。高そう(一休.comで調べてみたら一番安い平日で57172円だって)。

ロスト・イン・トランスレーション
東北新社 (2004/12/03)
売り上げランキング: 1,730
おすすめ度の平均: 3.29
2 そんなに泣ける映画ですか?
5 孤独の複数形
3 見る人を選びます。


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画