ピンポン

予想以上に原作に忠実なのにまず驚く。

何と言ってもキャストが良い。特にスマイル(ARATA)、風間(中村獅童) 、アクマ(大倉孝二 )は最高。

ただ、問題はペコ(窪塚洋介)。
たしかにああいう痛い鬱陶しいキャラだけにある意味窪塚ははまってると言えなくもないんだけど、やはり一人だけ浮いてるよなあ。だいたい、原作は別にペコが主役じゃないんだけど。

後、細かい所では、コンガが風間に負けた後のエピソードがないのと、エピローグで風間が出てないのも不満だった。

とまあ、原作ファンから見るとつっこみどころはあるものの、面白い映画なのは間違いないです。おすすめ。


ピンポン
ピンポン
posted with amazlet on 06.11.27
角川エンタテインメント (2006/10/20)
売り上げランキング: 17892




スポンサーサイト
テーマ: 日本映画 | ジャンル: 映画

秒速5センチメートル 最新版予告編期間限定配信

新海監督の新作アニメ、主題歌は山崎まさよしが担当

ということで

Yahoo! JAPAN - 秒速5センチメートル

で山崎まさよしの主題歌入り最新版予告編を期間限定配信。

予告編は素晴らしいの一言、切なさがたまりません。


そうそう主題歌は、なんと「One more time,One more chance」。

『月とキャベツ』を思い出す、あれもほんと良い映画だったなあ。おすすめ。


雲のむこう、約束の場所
ビデオメーカー (2005/02/17)
売り上げランキング: 1182
おすすめ度の平均: 4.0
5 アニメでした
5 きれいなお話
4 秀作でなく良作


『雲のむこう、約束の場所』の感想はこちらから


月とキャベツ
月とキャベツ
posted with amazlet on 06.11.21
ジーダス (2001/03/23)
売り上げランキング: 17873
おすすめ度の平均: 4.5
5 邦画の名作的存在
5 おとぎばなし
5 ひと夏



山崎まさよし関連では『八月のクリスマス』も良いです。
感想はこちらから

カラー・オブ・ハート

モノクロのドラマの世界(古き良きアメリカのね)にひょんなことから紛れ込んだ兄妹。
やがて街は色づきはじめる。
おたくな兄と、奔放な妹もプレザントヴィル(愉快)での経験で変化していく。

色がつきはじめるきっかけは笑わせてくれますが、その後の展開はけっこうシビア。
焚書や打ち壊しなどなど、保守と革新の対決がブラックユーモアたっぷりに展開します。

大切なのは、本当の自分を見つけること、自分に正直になるということ、というのがテーマかな。
でも説教くさくないとこがミソというか。

わりとマイナーな映画だと思うんけど、予想以上に面白かったです。



カラー・オブ・ハート
アミューズソフトエンタテインメント (2004/09/10)
売り上げランキング: 40593
おすすめ度の平均: 5.0
5 変わって行くのは世界?それとも自分?
5 シニカルで可愛いお伽話
5 カラフル!


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

アバウト・ア・ボーイ

「ハイ・フィデリティ」などのニック・ホーンビィの原作を映画化。

親の遺産で悠々自適に暮らす最低自己中男がひょんなことから少年と知り合い、少しずつ変わっていくという定番ストーリー。

イギリス映画らしいシニカルなユーモアが特徴。ヒュー・グラントが、まさにこれが地なんじゃないだろうかというぐらいにダメ男を演じて実に秀逸。

子役があんまりかわいくないところもリアルでいいんじゃないかと。


アバウト・ア・ボーイ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006/06/23)
売り上げランキング: 22087


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

ダーティハリー

クリント・イーストウッド主演、ドン・シーゲル監督作品。

正直、内容自体は今見るとそれほどのインパクトはないんだけど、セリフや演出は今見ても新鮮。時代を考えるとほんと凄い映画だったんだなあと思う。

ただ、終盤の展開には少し驚いた。あの状況で、犯人釈放するなんて信じられない。人権重視もここに極まれりというか。よくわからないけど、そういう時代だったのかな。

とにもかくにもクリント・イーストウッドが痺れるほど格好いい良い映画でした。大満足。


ダーティハリー
ダーティハリー
posted with amazlet on 06.11.08
ワーナー・ホーム・ビデオ (2000/04/21)
売り上げランキング: 79519
おすすめ度の平均: 5.0
5 何度見ても面白い
5 アメリカが生んだ最高のハードボイルド・デカ
5 刑事アクションの最高傑作


テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

ソイレント・グリーン

チャールトン・ヘストン主演、リチャード・フライシャー監督作品(1973年)。


ソイレント・グリーン 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/05/12)



近未来ディストピアを舞台にしたSFサスペンス。

設定自体は面白い(高級マンションに家具扱いで女がもれなくついてるとか)のだけど、ディティールが粗いのが難。
緊迫感のなさすぎる演出にも問題がある。

とまあ、今見るといろいろ突っこみどころはあるんだけど

ここからネタバレ

テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画