ユー・ガット・メール

ノーラ・エフロン監督、トム・ハンクス、メグ・ライアン主演のロマンチック・コメディ。 

あまり期待せずに見たせいか、テンポのいい展開を見せる前半はなかなかの出来。
メールのやりとり(ネット関連は今見ると実に懐かしく、その分微笑ましい)や、ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」を四苦八苦しながら読むシーンも悪くない。

ただ、後半が……このラストシーンはないだろう。あれは小さな罪じゃないと思うんだけど。
ビジネスはビジネス、恋は恋と割り切るトム・ハンクス扮するジョーは槇村さとるの漫画『おいしい関係』の蓮見を思い出させるというか。

とはいえ、トム・ハンクスとメグ・ライアンの安定した演技などトータルとしては良くできたロマコメだと思う。


ユー・ガット・メール 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007/03/09)
売り上げランキング: 1449
おすすめ度の平均: 5.0
5 メグの魅力満載
5 またメグとトムのコンビで恋愛劇。



スポンサーサイト
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

  • 2007/11/01 (Thu)
    01:49
    同じ感想でした!

    はじめまして。。 さとっぺと申します。。
     私も、まったく同じ感想だったので、、コメントさせて頂きました。
    可愛く、微笑ましい二人の仕草や、やりとりに、前半、とてもホッコリした気持ちで観てたんですが、、
     後半の展開にがっくりでした。。

     TBさせて頂きます☆

    さとっぺ #vXeIqmFk | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する