イン&アウト

主演にケヴィン・クライン、共演にジョーン・キューザック、トム・セレックなど芸達者を配したフランク・オズ監督のコメディ・ストーリー。


微妙に笑いのツボが違うのかコメディにしては笑えないなあと思って見ていたのだけど、ラストで納得。
なるほどなあ、こういう趣向の映画だったわけだ。

めっちゃ強引だけどとにもかくにもサプライズは抜群だし、結局の所みんな幸せになれたんだから個人的にはオールオッケーじゃないかと思うんだけどどうだろう。





イン&アウト
イン&アウト
posted with amazlet at 08.08.03
パイオニアLDC (1999-09-24)
売り上げランキング: 38063
おすすめ度の平均: 4.0
5 何度も見たくなる映画
3 これって喜劇だったの!?
4 先生冥利に尽きる



ここから先ちょいネタバレ

それにしてもこの映画、まさかカミングアウト映画だったとはなあ。
スポンサーサイト
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する