世界の中心で、愛をさけぶ

長澤まさみに尽きる映画。
あんまり期待してなかったのだけど、実際、青春&難病物としては悪くない。特に、婚姻届からカーテン越しのキスという一連の流れは素直に良いと思う。一番の泣かせどころらしいその後の空港のシーンはそんなでもないんだけど。

ただ、現在のパートに難がありすぎる。原作読んでないからわからないけど、これは原作と同じなんだろうか。

後、長澤まさみ以外のキャストもいまいち、特に柴咲コウはダメダメだ。

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション
東宝 (2004/12/23)
売り上げランキング: 2,399
おすすめ度の平均: 3.45
4 爽やかに楽しめました
5 世界中最高★
2 ドラマからセカチューの世界に入ってみると


スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する