劇場版 ラーゼフォン 多元変奏曲

キャラクターを絞って、ストーリーもばっさりカットして、綾人と遥のラブストーリーを中心として構成された劇場版(モチーフは「鏡の国のアリス」なんだろうが、読んでないから関係性はわかんね)はTV版よりはるかにわかりやすくなっている。特に久遠の設定を変更したのは正解だ。

とはいえ、所詮TV版の補完であり、あいかわらずわかったようでわからない話に違いはなかったりする。TV版のエピソードを削っちゃったせいもあって、いまいち盛り上がりに欠けるきらいはある。

とまあ、いろいろ突っこみどころもあるんだけど、基本的には良い作品だと思う。とにかく、作画が美しい。冒頭の中学生の遥が実に可愛い。正直、この冒頭のシーンだけでも見た甲斐があったというか。

後、坂本真綾のエンディングソングがまた実に素晴らしいんだ。しかし、血が青くなると記憶がなくなるっていう設定はTV版でもあったっけか。


劇場版 ラーゼフォン 多元変奏曲
メディアファクトリー (2003/09/25)
売り上げランキング: 23,194
おすすめ度の平均: 4.33
5 純情・・・・
5 イイ!!!
3 テレビ版のほうがいいですね


スポンサーサイト
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する