スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ座の怪人

舞台版を手がけた作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーが制作、監督は「セント・エルモス・ファイアー」、「フォーン・ブース」のジョエル・シューマカー。

オープニングの演出が素晴らしい。

とまあ、つかみは抜群で最初は期待させたんだけど、同じ歌が多すぎる、怪人がキモすぎて(顔じゃなくて性格が)感情移入できない、かといって金持ち男もキャラが薄い、ヒロインもどっちつかずとあんまり感心できなかった。

後、えーとマダムジリーだったかな。拾ったんならもう少し責任持って育てろよって思った(笑)。


オペラ座の怪人 通常版
メディアファクトリー (2005/08/26)
売り上げランキング: 14
おすすめ度の平均: 4.28
5 ミュージックチャプター♪♪
4 映像でしかできないこと。
5 ファントム、素敵すぎ☆


スポンサーサイト
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。