マイノリティ・リポート

ディックの原作をスティーブン・スピルバーグが監督したSF大作。主演はトム・クルーズ。

黒幕は、最初の方で見当がついたが、それはともかくなかなか楽しめた。ディックの描いた暗い未来社会の映像化も見事でSF映画としてはかなり秀作なんじゃないだろうか
 
ストーリー的にはトム・クルーズが捕まったところでもしかして終わるのかと思って一瞬びっくりしたよ。あそこで終わってたら凄かったんだけどな(笑)。ラストはかなりハッピーエンド。

とりあえずわからないのは、あのモグリの医者がトム・クルーズにやった手術のネタ。腐ったサンドイッチと牛乳はいやがらせってのはわかる。ただ、ヤカモトさんっていったい。何か意味ありそうなんだけどな。


マイノリティ・リポート
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/11/12)


スポンサーサイト
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

  • 2006/09/04 (Mon)
    07:17

    TB、コメントありがとうございます。

    ディックらしい雰囲気が出てて、なかなか良かったと思います。

    トム・クルーズは今いろいろ大変そうですね^^;

    LastUnicorn #J7E97Fas | URL | 編集
  • 2006/09/02 (Sat)
    12:11
    ゴージャスな映画。

    初めまして、達也です。

    『マイノリティ・リポート』いい映画でした。
    P.Kデックの原作をS.スピルバーグが監督し、トム・クルーズが演じるなんて。
    しかも、今までのスタイルをあえて
    壊した新境地にチャレンジしているのが良く伝わった映画です。

    P.Sトラバさせてくださいね。

    TATSUYA #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

西暦2054年、ワシントンDC。政府は度重なる凶悪犯罪を防ぐ策として、ある画期的な方法を採用し、大きな成果をあげていた。それは、“プリコグ”と呼ばれる3人の予知能力者によって未来に起こる犯罪を事前に察知し、事件が実際に起きる前に犯人となる人物を捕まえてしま..

2006/11/24 (Fri) 01:07 | mama

2つの才能の化学反応。 マイノリティ・リポートトム・クルーズ (2005/11/12)20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン この商品の詳細を見る吹く風に、ちょっぴり秋の気配の9月です。さてさて、今

2006/09/02 (Sat) 12:11 | TATSUYAのレンタル映画レビュー

「マイノリティ・リポート」02年(B)監督:スティーブン・スピルバーグ出演:トム・クルーズ「あと1分で未来が現実になります!」「法を冒してない者を逮捕するのは正しいことなのか?」2054年。3人の予知超能力者によって犯罪が行われ...

2006/07/14 (Fri) 22:07 | 新・ぴゅあの部屋