スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・ダンサー

基本的に「遠い空の向こうに」と同じ設定(炭坑の街、夢への親の反対)なんだけど、こちらはもっと地味。

ひょんなことからバレエを始めたら才能があったというお話で、少年を少女にすればそのまま少女マンガだね。でもこの主役の少年があんまり巧いとは思えないのが少々説得力を欠くかな。

とはいえ、息子の未来のためにあえて裏切り者の名を受けようとする親父の姿は泣かせます。ただ、このラストは蛇足だろう、その前のバスの別れで終わっておけばよかったのに。

とりあえず女性にはおすすめ、特にショタ属性な人にはいいかも(笑)。


リトル・ダンサー
リトル・ダンサー
posted with amazlet on 06.07.20
アミューズソフトエンタテインメント (2001/07/27)
売り上げランキング: 7,929
おすすめ度の平均: 4.76
5 ☆100個
5 夢にかける繊細な情熱
5 家族愛がいい


スポンサーサイト
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

  • 2006/11/11 (Sat)
    21:14

    はじめまして

    たしかに地味でしたね。
    でも、こういう地味だけど良い映画はなかなか貴重ですよね^^

    TALKING MAN #NHJrzpKY | URL | 編集
  • 2006/11/10 (Fri)
    22:28

    はじめまして。TBさせていただきました。
    確かにかなり地味な映画でしたね。
    しかもダンスうまくないし(^^;;

    mama #GCA3nAmE | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

11歳のビリーは炭坑労働者の父と兄、祖母と暮らしていた。ある日、ビリーの通うボクシング教室のホールにバレエ教室が移ってきた。ふらふらとレッスンに飛び入りしたビリーは、バレエに特別な開放感を覚える。教室のウィルキンソン先生もビリーに特別な才能を見出した。そ..

2006/11/10 (Fri) 22:24 | mama
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。