恋の門

羽生生純の同名漫画の映画化。原作は未読。

少しマンガ的すぎる演出が気になるけど、とにかくパワフルでインパクト抜群。ピンポイントで爆笑できるシーン(石が好きな君が好きーとか)もあって、なかなか楽しめるラブコメだった。

ヒロイン、酒井若菜(タイプではないがやはり巨乳はインパクトあり)の壊れっぷりも印象的。

後、ゲスト出演者や劇中アニメが無駄に豪華。
原作者や漫画家、そして大竹しのぶまでもがコスプレやってたり、劇中アニメは演出が庵野秀明で、制作ガイナックスだったりする。
音楽も忌野清志郎に、サンボマスターだしなあ。


恋の門 スペシャル・エディション (通常版)
角川エンタテインメント (2005/04/08)
売り上げランキング: 40,449
おすすめ度の平均: 3.33
2 疲れた
3 中途半端にメジャー。
5 君は君の作品を描け、ぼくはぼくの作品を描く


スポンサーサイト
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

<内容>自称漫画芸術家の「門」と隠れコスプレマニアのOL「恋乃」のラブストーリー。漫画という共通点を持ちながらも、相手が理解できない二人。そんな2人の恋の行方に、個性的なキャラクターが絡んでくる。<感想>出てくる人々が、ほんとに個性的で良いです。ってか、あ

2006/08/09 (Wed) 01:38 | たりらーんとタワゴト