カンフーハッスル

最初は、ギャグの趣味が合わない、こりゃ駄目だと思ってたんだけど、中盤からどんどん面白くなってくる。いや、だってさ主人公の強くなり様とか、まるっきり金庸だもの。敵は蝦蟇功使ってるし。金庸ファンとしては素晴らしいというしか。
後、主人公とヒロインのベタなエピソードには弱いのだった。

でも、あの夫婦が楊過と小龍女ってのはいかがなものか(笑)。ラストで謎の乞食が差し出す教則本に一陽指とか降龍十八掌の名前が出てくるあたりがまた楽しい。


カンフーハッスル コレクターズ・エディション
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2005/07/16)
売り上げランキング: 952
スポンサーサイト
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

  • 2006/02/02 (Thu)
    20:29

    コメント、TBありがとうございます。
    こちらからもTBさせて貰いました。

    たしかに金庸読んでる人は、少数派でしょうね。
    もう長編が読めないのが残念でたまりません。

    lastunicorn #- | URL | 編集
  • 2006/02/02 (Thu)
    10:20

    シンチーはそれらの名称を使うためにわざわざ金庸先生にお金払ってますからね。
    日本でこれらのネタが分かる人が少ないのが残念です。

    ムカムカム #9qezcnfQ | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

昨日ふっとカンフーハッスルの感想を書いてないことに気づきました。というわけで今日はその感想を書きます。この映画を見て一番感じたのは<font color=red size=4>とにかく熱い!!</font>なにが熱いかというと<font color=red size=4>シンチーのカンフ

2006/02/02 (Thu) 10:21 | ムカムカムのMJ認定雀士への道