アバウト・ア・ボーイ

「ハイ・フィデリティ」などのニック・ホーンビィの原作を映画化。

親の遺産で悠々自適に暮らす最低自己中男がひょんなことから少年と知り合い、少しずつ変わっていくという定番ストーリー。

イギリス映画らしいシニカルなユーモアが特徴。ヒュー・グラントが、まさにこれが地なんじゃないだろうかというぐらいにダメ男を演じて実に秀逸。

子役があんまりかわいくないところもリアルでいいんじゃないかと。


アバウト・ア・ボーイ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006/06/23)
売り上げランキング: 22087


スポンサーサイト
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する