「文春きいちご賞」発表

2006年のダメ映画はコレ!「文春きいちご賞」発表(シネマトゥデイ)


週刊文春が選ぶ2006年のワースト映画で1位に選ばれたのは宮崎吾朗の初監督作『ゲド戦記』。
2位が『日本沈没』で3位が『ダ・ヴィンチ・コード』という結果に。

一作も見てないけど(笑)、なんとなく納得がいく結果というか。


詳細は1月25日発売の週刊文春上でどうぞ。


スポンサーサイト
テーマ: 映画情報 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

文春きいちご賞文春きいちご賞(ぶんしゅんきいちごしょう)とは、文藝春秋社の記者ならびに映画評論家により、その年度最低の映画を選出しランキングする賞であ

2007/01/26 (Fri) 04:52 | 愛佳の日記