スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『時をかける少女』日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞!!

2月16日に発表された第30回日本アカデミー賞で最も注目していた最優秀アニメショーン作品賞に『ゲド戦記』、『あらしのよるに』などをおさえて『時をかける少女』が見事に受賞。

まあ、選ばれるべき作品が当然のごとく選ばれただけとはいえ、毎回毎回ほんとに良いものが選ばれるとは限らないわけで。いやあ良かった良かった。


公式ブログ「授賞式の一番長い日」というエントリーでレポートと監督のコメントが載っています。


時をかける少女 限定版
角川エンタテインメント (2007/04/20)
売り上げランキング: 5
おすすめ度の平均: 5.0
5 文句なしではないが
4 自分の「あの頃」を振り返らずにはいられない
5 素晴らしいです。



時をかける少女 通常版
角川エンタテインメント (2007/04/20)
売り上げランキング: 26
おすすめ度の平均: 4.5
5 一級のSFであり、せつない青春映画でもある
3 アニメ映画の傑作だが・・
5 最高傑作


時をかける少女 一回目の感想はこちらから
時をかける少女 二回目の感想はこちらから


ちなみに最優秀作品賞に選ばれたのは順当に『フラガール』でした。

関連リンク
日本アカデミー賞公式サイト

スポンサーサイト
テーマ: ★映画ニュース★ | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

「時をかける少女」が日本アカデミー賞を受賞。すごいとしか言いようがありません。快挙。本当に私にとって2006年は時かけイヤーでした。すばらしすぎます。そして「ゲド戦記」を押しのけてというところに意義があると思ってます。(放送局が日本テレビ系列なので)本当に..

2007/03/24 (Sat) 09:20 | ayaxgogo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。