すべてをあなたに

トム・ハンクスの初監督作品は最高にゴキゲンな青春音楽映画。

基本はシンデレラ・ストーリーなんだけど、とにかくテンポがいい。
何よりも、タイトルロールでもある劇中曲“ザット・シング・ユー・ドゥ”が抜群なのがミソ。
思わず心躍るバンド・ストーリーに仕上がってます。

ちなみに主役のドラマー(トム・エヴェレット・スコット)とヒロインのリヴ・タイラー(それほど好きではないんだけどこの映画のリヴ・タイラーはイイ)以外は、なんかやぼったいキャラなのは、1964年という時代のリアリティを高めるための演出なのかな。

後、トム・ハンクス自身もマネージャー役で出演してるのだけど存在感が強すぎて主役達を喰っちゃってるんだよなあ。
そのへんがちょっと勿体なかった気が。




すべてをあなたに [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007-10-26)
売り上げランキング: 25880
おすすめ度の平均: 4.5
5 声優さんの演技も うまい。
4 伝説のバンド「ワンダーズ」が誕生を描く。




スポンサーサイト
テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

1996年。 Fox. "THAT THING YOU DO!". トム・ハンクス脚本・監督・出演(作詞・作曲にも参加)。ジョナサン・デミ製作。タク・フジモト撮影。ハワード・ショア音楽。トム・エヴェレット・スコット、リヴ・タイラー、シャーリーズ・セロン、スティー

2007/03/16 (Fri) 08:57 | 映画の感想文日記