スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS

佐藤マコトの原作を、本広克行監督が映画化。

泣けた泣けた、いやもう反則だろこの演出。

構成的にも、主人公が違う連作短編だった原作マンガをうまくつなげて、ラストは原作でもぼろ泣きした「サトラレには向かない職業」を持ってくるというあたりがお見事。

全体的にかなり原作のテイストを生かしてるところも好感が持てます。

俳優陣も主演の安藤政信、ばあちゃん役の八千草薫、そして正直あんまり好きじゃないけど鈴木京香も好演。
なかでも八千草薫の演技は素晴らしいというしか。




サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS [DVD]
バップ (2001-10-24)
売り上げランキング: 8424



テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

恋文日和

ジョージ朝倉の同名原作を4人の監督がラブレターをモチーフに映像化したオムニバス恋愛映画。

原作は未読なので原作がよいのか脚本が良いのかわからないけど、とにかもかくにもストーリーは秀逸。ナチュラルな演出も好感が持てます。
正直、特に期待してなかったんだけど、予想以上に楽しめました。

あえてベストを選ぶなら『あたしをしらないキミへ』かな。


恋文日和
恋文日和
posted with amazlet on 06.12.16
アミューズソフトエンタテインメント (2005/05/27)
売り上げランキング: 8932
おすすめ度の平均: 4.5
5 恋文書きたくなります♪
4 コッテリに疲れる人に・・・
4 特撮ファン必見



ピンポン

予想以上に原作に忠実なのにまず驚く。

何と言ってもキャストが良い。特にスマイル(ARATA)、風間(中村獅童) 、アクマ(大倉孝二 )は最高。

ただ、問題はペコ(窪塚洋介)。
たしかにああいう痛い鬱陶しいキャラだけにある意味窪塚ははまってると言えなくもないんだけど、やはり一人だけ浮いてるよなあ。だいたい、原作は別にペコが主役じゃないんだけど。

後、細かい所では、コンガが風間に負けた後のエピソードがないのと、エピローグで風間が出てないのも不満だった。

とまあ、原作ファンから見るとつっこみどころはあるものの、面白い映画なのは間違いないです。おすすめ。


ピンポン
ピンポン
posted with amazlet on 06.11.27
角川エンタテインメント (2006/10/20)
売り上げランキング: 17892




テーマ: 日本映画 | ジャンル: 映画

この世の外へ クラブ進駐軍

阪本順治監督作品。主演は萩原聖人。

敗戦直後の東京を舞台にした青春音楽映画なんだけど、いろんな意味で微妙というか。

基本的には友情の物語と思ったんだけど、全体的にもう少しストーリーがシンプルだったらなあ。いろんな要素を詰め込みすぎだよ。

後、サックスはともかく歌が下手すぎる。感動できるシーンが台無しじゃないか。
ちなみにトランペッターはやけに巧いなあと思ったら本職でした。

とまあ、わりとけなしてるけど、嫌いじゃないんだよね。全体的に言えば悪くない映画だと思う。


この世の外へ クラブ進駐軍
松竹 (2004/06/25)
売り上げランキング: 16,190
おすすめ度の平均: 3.75
3 当たらなかったんだろうなあ
4 戦後の日本
4 ただジョーを見たくて




テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

どら平太

黒沢明が遺した脚本を市川昆他が完成させたとかいう山本周五郎原作の時代劇。

腕っ節はもちろん頭も切れる、でも女にはからきし弱い主人公が、藩の不正を暴き、悪党を懲らしめる。
まあ、いわゆる勧善懲悪なエンターテインメントなんだけど、面白いんだ、これが。

いいかげん見飽きてきた感もある役所広司だけど、飄々とした演技はさすが。鶴太郎もいい味出してます。良作。


どら平太
どら平太
posted with amazlet on 06.09.05
日活 (2000/12/22)
売り上げランキング: 18,974
おすすめ度の平均: 4.71
5 こんなに面白い邦画があったのか!
5 おもしろい、面白い。
5 かっこいい!


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

恋の門

羽生生純の同名漫画の映画化。原作は未読。

少しマンガ的すぎる演出が気になるけど、とにかくパワフルでインパクト抜群。ピンポイントで爆笑できるシーン(石が好きな君が好きーとか)もあって、なかなか楽しめるラブコメだった。

ヒロイン、酒井若菜(タイプではないがやはり巨乳はインパクトあり)の壊れっぷりも印象的。

後、ゲスト出演者や劇中アニメが無駄に豪華。
原作者や漫画家、そして大竹しのぶまでもがコスプレやってたり、劇中アニメは演出が庵野秀明で、制作ガイナックスだったりする。
音楽も忌野清志郎に、サンボマスターだしなあ。


恋の門 スペシャル・エディション (通常版)
角川エンタテインメント (2005/04/08)
売り上げランキング: 40,449
おすすめ度の平均: 3.33
2 疲れた
3 中途半端にメジャー。
5 君は君の作品を描け、ぼくはぼくの作品を描く


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

CURE

黒沢清監督作品。

現代の日本という時代にマッチしたサイコサスペンスの秀作。
よく練られた脚本、抑えの効いた演出、好演の役者(役所広司、萩原聖人)と三拍子揃っているあたり、玄人受けするのもよくわかる話である。

まあ、僕の好みのタイプの作品ではないので、絶賛とまではいかないけれど、楽しめたことは確か。
特に、あのラストは納得できる展開で、けっこう好きだったりする。

CURE キュア
CURE キュア
posted with amazlet on 06.07.27
ジェネオン エンタテインメント (2001/01/25)
売り上げランキング: 30,817
おすすめ度の平均: 4.18
5 神になるには遅すぎた。人間になるには・・・早過ぎる。
5 鮮烈なラストシーン
4 病ってなんだろう。治療ってなんだろう。


テーマ: 日本映画 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。